読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

11月映画鑑賞レビュー その2 「おみおくりの作法」と「君がくれたグッドライフ」

映画の話

続き

 

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー [DVD]

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー [DVD]

 

 正直言って、よく覚えてません。

スパイ、理不尽、巻き込まれ、アクション、

という、なんとも良くある話です。

なので、突出するものが無い。

覚えているのは、そればで描いてきた主人公のキャラを一掃する、

「チュドーン」的な最後。安易すぎます。

 

  • 手紙は覚えている ★★★

もうくたくたなおじいさんがいろいろやっちゃう映画です。

みどころは、老人同士のやりあい、老人の悲哀ですかね。

なんとなくオチが見えてしまうのですが、

それは関係なく、「どうなるのかなー」という期待を持ちながら観られます。

主人公は認知症ですぐ忘れてしまうので、

「手紙が覚えている」んです。

腕にメモもしていました。

メメント観たくなりました。

そこそこお勧めです。

 

  • パーカー ★★
PARKER/パーカー [Blu-ray]

PARKER/パーカー [Blu-ray]

 

 ジェイソン・ステイサムの映画。

それに尽きます。

なんだかジェイソン・ステイサムの映画はどれも同じに感じるのは私だけでしょうか。

悪いんだけど正義な暴力。そんな話です。

ジェニファー・ロペスが綺麗。

 

  • イット・フォローズ ★★
It Follows [DVD]

It Follows [DVD]

 

 うーん、これも怪作ですね。

設定は面白く、なんやかんや考えてみるのには良いかもしれません。

鬼ごっこというか、「IT」に感染すると理不尽に「IT」が殺しにくるという、

そして「IT」を誰かに感染させる方法はセックスという、なんとも…

(どう考えてもHIV啓発映画と思いました)

途中、「IT」が実体化してしまうところ、個人的にはここがNGです。

メンタル的な内容でずっといって欲しかった。

もっとなんかいろいろ表現されていることがあるんじゃないか、

と考えてしまう映画。

 

  • 君がくれたグッドライフ ★★★☆
君がくれたグッドライフ [DVD]

君がくれたグッドライフ [DVD]

 

 母は強し。

それが主題ではないのですが、映画を観ていてそう思いました。

一番愛しているはずで、一番苦しいはずだけど、

一番の理解者であるように見えました。

自分の死を自分で決めるという、

私には考えも及ばない人生の話。

ここに至るまでに、妻、母とは多くのぶつかり合い、葛藤があったのだろうと思います。

最後まで主人公の強さが見えた映画でした。

主人公も含め、すべての登場人物が強くあろうとしていて、

それでも時にふと弱さを出してしまうのが辛い。

「死ぬんだぞ、怖いにきまってるだろ」

「僕の人生は長くはなかったけど充実していた」

響きました。

 

  • おみおくりの作法 ★★★☆

 意図せず、死をテーマにした映画が続きました。

身寄り無く亡くなった人の世話(葬儀)をする主人公。

丁寧にその人の人生を辿っていくロードムービーのよう。

葬儀は誰のためか、亡くなった人のためか、残された人のためか。

この映画で主人公が最後に行なった葬儀では、

残された人たちは、主人公のお陰で新しい人生を歩めそうです。

 それもハッピーな感じの。

最後、彼の表情はどんな気持ちが込められているんでしょうね。

悲しいような幸せなような。

イギリス映画、とてつもない映画をつくってしまいました。

一見の価値ありです。

 

 

ラストの2作は良品だと思います。

どちらもヨーロッパの映画です。

丁寧に作ってありますね。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村