読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

働き方とクリスマス休暇、映画とからめて考える

私の仕事では、取引先に日本の企業もアメリカの企業もあります。

 

日本人は働きすぎという通説はありますが、

アメリカ人も働きすぎです。

ハードワーカーとそうでない人の差が激しいということです。

映画「プラダを着た悪魔」や「エリザベスタウン」を見ると分かります。

プラダを着た悪魔」では主人公の父親

「深夜2時にオフィスからメールが来てる…」と心配しています。

 

エリザベスタウン」では、

主人公はクリスマスも実家に帰らず、実家では遺影のようにテーブルに写真が置かれていました。

挙句の果て主人公は仕事に失敗し自殺を試みる…。

 

 

と、私の取引先のアメリカ企業も、土日関わらず電話をかけてきたりしますし、

毎日電話会議みたいなことをしてます。

そんな彼らも先週末、「これからクリスマス休暇だから」と言い残しました。

しっかり休みを取ってくれて安心です。が、

「メールは見るから」

と言ってました(笑)。

 

一方、日本企業の方は、

「今年は正月返上です」

と言ってました。

 

私の職場は・・・正月はしっかり休みます。

正月返上には労働組合とかいろいろありますし。

 

総じて、日本企業は、メリハリが無いのがいけないと思います。

だらだらと残業、できなかったから土日出勤、みたいな思考がいけません。

言うは易しですが・・・

マイケルムーアの「世界侵略のすすめ」見たいです。

各国の働き方をアメリカと比較しているようです。

日本について言及があるかは分かりませんが、おそらく

アメリカ=日本 vs EUと考えて良さそうです。

 

 

SBI証券、マネックス証券のサイトもクリスマス休暇に入ったようです。

・・・

メンテってことは、今メンテしてる人がいるってことですよね・・・

SEさん、お疲れ様です。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村