読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

東芝株に観る反省点

現在の保有株式は悲惨な状況です。

というか、東芝株が悲惨な状況です。

なんでこんなことになったのか。

株式投資としては、

昨年末に東芝株の株価が上がってきたときに

半分程利益確定しました。

結果論では、その時全株売却していればよかった。

 

昨年12月に東芝株を売った際の株価は464円。

なんと今の2.5倍…

 

その時私は421円で購入していた東芝株1000株を売却しました。

約34,000円の利益です。

もう1000株保有しており、それはNISA口座で別に保有していました。

そちらは488円で購入していました。

なのでその際にはプラスになっておらず、売却しなかったのです。

仮に464円でNISA口座の1000株を売却していれば-24,000円の損失。

2,000株トータルで考えれば+10,000円。

 

この不安株で、少しでもプラスになって売却できたのであれば、その方が良かったですね。

この株はこの先大丈夫なのかどうか、

ということも考えないといけません。

東芝のような巨大すぎる企業は、

事業事に違いすぎるのだと思います。

方や半導体などの良いニュースもあったりもしました。

 

投資家のほうも、大企業だから大丈夫だろう、という思いなのでしょう。

少なくとも私はそうでした。

巨大企業だから、他の分野で利益を上げ、そのうち復活するだろう。と。

しかし東証2部に落ちるということ。

これはシャープに次ぐ、日本大企業の転落です。

 

明日は我が身か・・・

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村