読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

ムーンライト 映画鑑賞レビューpick up

ムーンライト

「ムーンライト」の画像検索結果

 

このフライヤーの顔、よく観てくださいね。

前代未聞のミスを乗り越え?アカデミー賞作品賞を獲得した作品。

とてもいい映画。観たほうがいい。

 

黒人、いじめ、同性愛、ドラッグ、と、

各種重いテーマを詰め込んであります。

鑑賞する前は、詰め込みすぎで大丈夫かな??という不安もちょっとありました。

が、そんな心配は全く無用!!

確かにこれら全てのテーマが関わっていますが、

それらについて詳しく描くというよりは、それらの問題を持った人間の話を

それらを誇張することなく自然に描いています。

確かに、私たちも日々様々な問題を抱えていて、

それを脚本家にドラマチックに脚色してもらえばドラマ化くらいはできるかもしれません。

でも、普段いつもドラマチックであることは無いですよね。

でも周りには纏わりついているような、そんな感じです。

 

リトル 子どもの頃のシャロン

 とても自然で、目に力のある子でした。

無口で人に心を開かずクラスメイトにも馴染めない不安と恐れを上手に演じていました。

彼が徐々に心を開いていった売人のフアンの家で、

「オカマって何?」と聞くシーン、

もしかして自分もそうなのかも、という思いが芽生え始めていたのか、

周りと馴染めない自分に問いかけるような様子が切なかったです。

この子どもの頃のシーンはまさに起承転結の起で、

その後の全ての要素が詰め込まれていたように思います。

特にフアンは、この時期以降は出てこないのですが、

シャロンの人生に大きな影響を与えている点で重要。

ただ、いじめにあってたり、母親に罵倒されたり苦しい中にも、

まだ子どもであるための気楽さのようなものも見えたりして、

今後どうなるのかな、という期待も持てたシーンでした。

 

シャロン 高校生

このころのシャロンからは苦しみしか感じませんでした。

いろんな事を理解し、自分を見つめ、苦しんでいる様子が痛いほど分かる。

子どもの頃の気楽さが無くなり、より自分の中に閉じこもっているようで、

どうなってしまうんだろうか、と思わずにはいられない。

そして彼の人生を決定付ける出来事が起こるんだけど、

これもなるべくしてなったのかどうなのか。

 

ブラック 大人のシャロン

ここはもうびっくり、え、シャロン?って感じ。

それでも、彼の目はどこか寂しそうな弱そうな雰囲気があって、

ああ、シャロンなんだ、と思えるように・・・。

この大人のシャロンの外見と内面とが、この映画の本質である気がしましたね。

究極のラブストーリーでもある。

 

フアン

子どもの頃のシャロンを助け、シャロンの心を開いていったわけだけど、

かれの仕事は麻薬の売人。

でも彼はすごく優しい人で、それは彼の演技がすごく良かったことによって分かりました。

大人になったシャロンを見て分かったのだけど、

フアンもいろんな理由があって売人になったんだろうと、

ならないと生きていけなかったのかもしれないんだろうな、と。

もしかしたら彼も子どものころいじめられていたのかもしれない。

フアンも外見は、シャロンの母親に嫌われる麻薬の売人、

でも中身は自分と似たシャロンを助ける優しい人。

そしてシャロンの母親はドラッグ中毒。

黒人、売人、ゲイ、外見と内面って一体何なのか、と。

シャロンの友人だってゲイではない訳だし。

 

全編通して、非常に静かな映画でした。

淡々と物事が描かれているような印象。

でも良く考えてみると、次々にいろんなドラマ、事件が起こっているわけです。

だけどそれらがそれ程強調された気がしないのが不思議。

きっと製作者も、それぞれに焦点を当てるのではなく、

自然な事柄として描きたかったんじゃないかな、と想像してます。

文学的といったらいいのか分からないけど、

静かだからこそ残る力強さと余韻がある映画でした。

 

黒人だからとか、ゲイだからとか、そういった映画ではなく、

ただの人間の映画として観て欲しい。

作品賞にふさわしい映画だと思います。

 

私の記憶では、この映画に白人は一人だけ。

高校生のシャロンを逮捕した警官で、セリフは無いし、ほんの数秒映っただけ。

ハリウッドでは黒人差別をテーマにした映画の場合、

「良い白人」がいるかどうかに依る、という噂もあります。

以前作品賞を受賞した「それでも夜は明ける」には、

主人公を助けた「良い白人」がいた。

それでも夜は明ける [DVD]

それでも夜は明ける [DVD]

 

 この映画はそうではなかったですね。

だからやっぱり、人間としての映画なのだと思う。

 

しかし、ブラッド・ピットはプロデュースの才能があるのだろうか。

今回は「良い白人」としての出演も我慢したようだし。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村