読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資で2040年を変える

ラットレースからの脱却を夢見てます。そこまで大成しなくても、将来の金銭的自由を目指して投資。たまに映画と音楽。

農業と野菜工場

その他
昨今、完全人工光型の野菜工場が増えてきています。
全く野菜と関係のない大企業が参入したりしています。

私は静岡在住ですが、
バンバンCMしてる娯楽施設の会社が、
実は野菜工場やってたりします。びっくり。
娯楽施設がだめになったらそこに工場作ればいいって…?

完全人工光型の野菜工場は、
農業に入りません。
土を使わない工場なので。
なので、農水省の管轄にはならないのです。
だから体力のある大企業が参入できるわけです。

農業は、JAやらなんやら、規制や仕組みが煩雑です。

今、農業を、っていう気運は割りと高まっている方だと思います。
しかし、大規模農業をやるのか、
家族経営の小規模農業なのか、
有機農業なのか、
はたまた工場なのか。
やり方はいろいろあります。

私は、やはり土を使った農業を維持して欲しいと思います。
植物工場は、それはそれで、
今後世界の食料不足問題なんかには
限りなく有効な技術です。
でも、現在の農家にとっては全く別問題でしょう。

人工光植物工場は投資が大きすぎますし、
これまで田んぼだったところに工場が建つのは抵抗があります。
それに、農地として人間の手が入れないと、
里山の土地は荒れて行きます。
里山、という懐かしい風景は、
人間の手が入ることで作られたものです。

農業の担い手は減っていると思いますが、
太陽光や土壌を利用した農業ハウスなんかもでてきています。
ITの力は使いますが、
温度や水分をコントロールしたり、
という農業用パッケッージもあります。
そういった技術は大いに使って、
土、水、太陽光を使った自然の農業が無くならなければいいな、と思います。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村