読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資で2040年を変える

ラットレースからの脱却を夢見てます。そこまで大成しなくても、将来の金銭的自由を目指して投資。たまに映画と音楽。

三つ峠・・・で企業の戦いの跡を発見

その他
ブログの内容がずれてきました。
投資関係だけではネタが無いこともあるのですが・・・
あくまで、主軸は投資関係です(笑)

今日は、山梨県河口湖畔の三つ峠へ登ってきました。
富士急行線三つ峠駅からの登山口から、岩がごつごつする道を登ります。

山は、静かでいいです。
たまに遠く車の音が聞こえますが、自分の足音と風の音と
枯葉の落ちる音と、熊鈴の音。
この静けさがたまりません。
来てよかった、と思い始めます。
DSCN0766
DSCN0787
そんなこんなで、登頂しました。
登山口から、ちょうど2時間でした。
今日は本当に天気が良かったです。
三つ峠は関東からのアクセスも良いため、人気の山です。
そのため、頂上には静けさはありませんでした。
山小屋もあるし、たくさんの人が登っていました。


ところで、途中にこんな看板が。
DSCN0763
「さくらフイルム」
日本の写真フイルムメーカーです。

日本の観光地には今でも、「フジカラー」の緑の看板、のぼり、ベンチがあります。
海外にもあります。

富士写真フイルム(当時)は、
さくらフィルムとのシェア競争のため、全国津々浦々の観光地へ営業を行なったそうです。
そのため、全国の観光地には緑ののぼりが立ち、「写るんです」が置かれるように。
その戦いに負けたさくらフィルムは、コニカになり、事業撤退するに至ります。

その戦いの中でのさくらフィルムの営業の結果がここにありました。
ここではさくらフィルムが勝利していたのかもしれませんね。
もしかして三つ峠の山小屋にはさくらフィルムが置いてあったのでしょうか。

このような戦いによって事業撤退していったブランドはたくさんあると思います。
なんだかカメラ関係は熾烈な気もしますね。
たまに、ふとこんな看板を見つけると、はっとします。

私はさくらフィルムの時代を知りませんが、カメラ関係は興味があるので。

なんとか、最後は投資、というか、経済的な話につながりました(笑)


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村