読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

マネー・ショート 世紀の空売り

投資の話 映画の話
poster2


映画を観ました。
非常に興味深い映画でした。

2008年のリーマンショック、世界的経済破綻を予測し
世紀の空売りをした人たちの話。

正直、半分も理解できていません。
ウォール街とか、経済が題材の映画はだいたいそうですが、
知識のバックグラウンドがないときついです。
ですが、経済に興味があれば楽しめます。
逆に興味も知識も無ければ、
全然面白くないかも。
上映中、トイレへ立つ人が多かったような気がします…

住宅ローン、いわゆるサブプライムですが、
どうもとんでもないローンだったようですね。
みんな知らずに、バブルになってたと。

冒頭、
「知らないことは問題ではない。
知らないのに知っていると思っていることが問題だ。」
とありました。
どきっとしました。
あまり知らずに株投資をしています。

経済破綻という、
誰もが知ろうとしないことに賭けた人たちです。
この人たち、勿論儲けるために動くわけです。
でも、「経済破綻」というものがものなので、
他の人から見れば、金の亡者、
他人の不幸で儲けた人たち、なのです。
「自分達が儲かるときは世界中が破綻している」
と映画の中のブラッドピットが言っています。

でもこれは犯罪ではないし
(むしろサブプライムローン問題を作った人たちが犯罪)
予期したという凄まじい努力かラッキーか、なんです。
映画を見る限り、4グループのうち、
半分はラッキーから動いています。
それをものにでかるかどうかですね。
どちらにしても、物凄い裏付けを取って行動しています。
株を買うときもそのくらいしないとだめなんでしょうね。

面白かったけど、理解が不十分なので、
小説を買いました。



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村