読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資で2040年を変える

ラットレースからの脱却を夢見てます。そこまで大成しなくても、将来の金銭的自由を目指して投資。たまに映画と音楽。

教育の経済学 一億総活躍とは

その他
子どもをどう考えるか、
日本、アメリカは私財(親、家族のもの)
ヨーロッパは公共財(国のもの)、
と考える傾向があるということ。
なので、ヨーロッパは教育への公費の投資が大きく、
大学まで無償で行けたりする。
教育を充実させることで、教育を受けた人間が育ち、
将来的に国に利益をもたらす、ということ。

よく、「何のために勉強するのか?」
という議論が起こるけど、
国全体で言えば、まさにヨーロッパの考え方そのもの。

一個人で言えば、
教養を身につけること。
そして、結果的な学歴ではなく、その結果を得るためにどのような過程を踏んだのか、
どのような努力をしたのか、という経験を積むことが目的だと思います。
人間は、経験がものを言います。
経験の同じ人同士は自然と話が合います。
ああ、あのとき、同じセンター試験を受けてたんだ、
そのために同じように勉強してたんだ、
と、小さなことですが、それが価値観なのかもしれません。

一億総活躍社会、
と言ってますが、
多くの人に十分な教育を受けさせることが、その一歩なんではないでしょうか。
公共財を増やすことなんではないでしょうか。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村