技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

2019年鑑賞映画ランキング

2019年に新たに観た映画は61作品でした。

昨年よりも少なくなってしまいました。

それは今年の前半、ずっとゲーム・オブ・スローンズを見ていたからです。

映像媒体の中で最高クラスのエンタメであるGOTを見終わったあと、

完全にGOTロスであり、なかなか他の映画でも満足できない状況にありました。

全部で600時間以上を要してストーリーを作ったドラマと、

1話2時間で納める映画とでは全く別物ではありますが…

映画が物足りなくなった…それだけGOTはすごかった。

が、そのたった2時間でも心を揺さぶる映画があるのも事実。

逆に言えばGOTの300分の1の時間で人の心を動かすなんて凄くない!?

ということで 2019年鑑賞映画上位です。

 

4.6点 US

前作ゲット・アウトからの期待を裏切らない変な空気感。

ホラー、シリアス、コミカルの配合具合のセンスの良さはピカイチ。

ちょっとずれればB級映画になるところの絶妙なラインを攻めている。

今の一番注目監督。

escape-ratrace.hatenadiary.jp

 

4.5点 YESTERDAY

Yesterday [Blu-ray]

Yesterday [Blu-ray]

 

ビートルズ愛をすごく感じる。

ダニーボイルの幅の広さに脱帽、既に大物なのに色んなことを試している。

演奏シーンは純粋に良い。

escape-ratrace.hatenadiary.jp

 

4.3点 LOVELESS

ラブレス [DVD]

ラブレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: DVD
 

大人の身勝手さに怒りを覚える。

何とも言えない一番辛いラスト。悲しい。

 

 女は二度決断する

女は二度決断する [Blu-ray]

女は二度決断する [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: Blu-ray
 

こうするしかないのかもしれない。

心情描写がすごい。

ドイツっぽい(偏見)強さがある。

escape-ratrace.hatenadiary.jp

 

ローマンという名の男 信念の行方

とにかくデンゼルワシントンの演技が素晴らしい。

デンゼルワシントンではなくローマンそのもの。

escape-ratrace.hatenadiary.jp 

4.2点 運命は踊る

運命は踊る DVD

運命は踊る DVD

 

兵士のダンスが素晴らしい。

イラン映画は妙なポップ感がある。静と動の運命。

 

暁に祈れ

暁に祈れ [DVD]

暁に祈れ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • 発売日: 2019/06/04
  • メディア: DVD
 

刑務所のすさまじさが素晴らしい。

目を覆いたくなるシーンもあるけど、命を感じる。

 

次点は下記。

4.1点   モリーズ・ゲーム

    おっぱいで勝負。

4.0点 蜘蛛の巣を払う女

    ドラゴンタトゥーの女と切り離してみれば面白い。

            ビールストリートの恋人たち

    きれいな叙情詩。

 

2019年の最低映画は下記でした。

2.2点 ナイスガイズ

    ラッセルクロウが痛い。

    さよなら僕のマンハッタン

     純粋に気持ち悪い。

 

2020年はもっと観ます。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

12月映画鑑賞レビュー

ビューティフル・ボーイ ★★★

ビューティフル・ボーイ (字幕版) (4K UHD)

ビューティフル・ボーイ (字幕版) (4K UHD)

  • 発売日: 2019/08/14
  • メディア: Prime Video
 

妙なリアルさを感じる映画。

ドラッグの派手な描写なんかは少なめで、日常を描いている感じが多かったので、

じわじわとリアルに感じられたのかもしれない。

立ち直れてると思っても、シラフになったと思っても、完全に断つには長くかかる、

そしていつも、また初めてしまうのではないかとひやひやしながら生きていく。

ふとしたことで始まってしまうのかもって。

本人はもちろん、

周りの家族は自分でコントロールできないぶん、すごいストレスだと思うね。

この父親は無償の愛を持っているのだけど、あの高めの声で心情を吐露する姿から

そのストレスを激しく感じましたよ。

 

そして再婚相手の彼女(ERのアビー!)がたまらず車で追いかけるシーン、

なんとも言えない、グッドシーンだと思う。

彼のこれまでの辛さを一番身近で見てきたからこそ、だ。

そして心が切れた彼…

それでも諦めないと言う母親、

すべての感情が3人を通して表現されているようだ。

 

クーパー家の晩餐会 ★★★

クーパー家の晩餐会(字幕版)

クーパー家の晩餐会(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: Prime Video
 

予定通り!ではあるけど結構面白いし好きな感じ。

アメリカ人にとってのクリスマスって

日本人にとっての正月みたいなもんで、

普段都会でヒールをカツカツいわせて歩いてるギャルも

大きな荷物持って新幹線のホームに立って、

だんだん方言が増えてくるローカル線に乗り換えて、

僕はそんな光景が凄く好きで、

と話が逸れたけど、

年に一度親族なんかも集まる場には

当然いろんな思いや立場を持って集まるわけで、

そこはどの国の人も同じかなって。

18歳で実家を出れば、

36歳になれば実家で育った時間よりも

外の時間の方が多くなるわけで、

そりゃ考え方も何かも家族と完全に共有はできなくなるよね、

と、また逸れたけど、

それでもやっぱ家族は家族なんだろうな、

っていうハッピーな終わり方で良かった。

 

ブレードランナー ファイナル・カット ★★★

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

  • 発売日: 2015/03/15
  • メディア: Prime Video
 

今更見ました。

37年前に想像した未来、

車は空を飛ぶ、

レプリカントは人間そのもの、

それを判別する装置は変なギミックのメカ、

レプリカントの目やクローンの蛇とか作られてる、

傘は傘。

携帯電話という概念はない、

タッチパネルの概念もない、

当時想像できたものとできなかったもの、面白い。

AIという概念はあるものの、

やはり漠然としているので、人間そっくりであることが人工知能という感覚だった。

エイリアンしかり、ターミネーターしかり。

今のAIは、人間そっくりである必要はない、というとこまで昇華したように思う。

というか、人間の5本指の動きを再現することは今でも難しい。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

2019年ドラマレビュー

2019年は私はアマゾンプライムドラマ元年でありました。

いくつかの海外ドラマを見ましたので、レビューしたいと思います。

 

GAME OF THRONES

紹介するまでもないのですが…

なんで日本ではこんなに知名度が低いのか…というドラマ。

描写が18禁だから?

とか言いつつ、私も今年まで知らなかったのだから世話ない話。

2019年の春先から見はじめ、2~3か月で世界に追いつき最終章まで見ました。

まあ、とにかく、エンタメという定義の中で

ここ数十年間のあらゆる映像媒体の中のトップだと思います。

こんな映像作品作れないでしょ。

お金かけてるのは当然なんだけど(1話が日本の映画1本以上の金額)、

それよりも、全体が物凄く緻密に作られていて、全く飽きない。

こんな映像作品を目の当たりにして日本のクリエーターは何を思うのか。

まあ悪口は置いといて、暴力描写、性描写多いですが、

それは人間の本質として、

ファンタジーの世界観でここまで飽きないストーリーは本当にすごいです。

ファンタジーなんだけど、肝は人間模様です。

思惑、裏切り、成長、そこをしっかり描いているので面白いんです。

世界的にここまで人気なのだから面白いに決まってるのです、

ドラマの話をできる人が周りにいなくてつまらないです。

 

WESTWORLD

escape-ratrace.hatenadiary.jpこれはかなりはまって一気に見ましたね。

複雑で特にシーズン2は難解ですが、

その分シナリオが練られまくってて面白いです。

AIを題材にした、もはやありきたりの題材ではあるものの、

設定と世界観で見る側を圧倒します。

アンソニー・ホプキンスエド・ハリスというハリウッドの大物が出演しているのもすごいところ。

 

THIS IS US

今年はシーズン2を見ましたが(すでにシーズン3もやってますが)、やっぱ面白い。

世代的に主人公たちと同じということもあり、

主人公3人の誰かのどこかの部分には共感できたりします。

このドラマはそんなところが人気なのではないでしょうか。

これは上のゲームオブスローンやウエストワールドのように派手で湯水のようにお金を掛けてる、といったようなドラマではありませんが(お金はかけているでしょうが)、

やはり日本のドラマと比較するとレベルが圧倒的に高いです。

こういう時ならどうするか、どんなことが起こるか、どんな感情か、

ってのを脚本家がすごく考えて、それを役者も考えて演じる、ここが揃って面白いのだと思います。

よく日本のドラマや映画では、「1年後…」みたいな演出がありますが、

その1年には何があったのか、そこを考えるのをさぼっている気がします。

このドラマはいろんな時代をランダムに描いているので、時間の空白を考えることをさぼることはできません。

シーズン2も意味深な感じで終わったので、続きが気になります。

 

FARGO

 これは同名の超名作映画のドラマ版ですが、

映画とは全く切り離してみるのがよいでしょう。

映画につながるシーンもありますが、別物です。

映画のような変な空気感はあるものの、上3作品のようにのめりこむ面白さはありません。

シーズン2まで見たので気が向いたらシーズン3見ます。

 

FLEABAG

なんかイギリスっぽさ全開。

皮肉とブラックユーモアと現代の考え方と、入り混じってます。

主人公の思考をストレートに伝える手法で面白い。

 

GOLIATH

無謀な挑戦

無謀な挑戦

  • メディア: Prime Video
 

 ビリー・ボブ・ソーントンが出てるドラマ。

まあ普通です。

タニア・レイモンドが素敵です。

シーズン3は見る気がしなかったです。

 

BALLY

第2章 “生かせ”

第2章 “生かせ”

  • メディア: Prime Video
 

これはこれでHBOドラマなんですけどね。

変な設定でわりと面白いです。

1話30分なんで軽く見ることができる。

 

THE BOYS 

発端

発端

  • メディア: Prime Video
 

よくこんなん作るなって感じです。

最近のマーベル、DCコミックのヒーロー映画に飽き飽きの人、

ヒーローなんてって捻くれてる人にはよいと思います。

原作あるっぽいんで、しっかり脚本練られてるなら、続きも気になります。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

2019年の投資総括

総括、というほどしっかり活動してません。

とりあえず、2019年の目標は

「マイナスをプラスに転じる」でした。

 

escape-ratrace.hatenadiary.jp

 結果は、目標達成ならず、です。

ということで2年連続目標未達。

株式投資全体の損益は-4.2%、2018年末が-4.6%だったので

わずかに回復しましたが、わずかです。

原因はとうぜん、含み損を出している銘柄を保有し続けていること。

購入した銘柄は4銘柄、売却した銘柄は5銘柄と、取引も低調でした。

利益確定のタイミングを完全に逸した銘柄もありました。

もうちょっと回転を細かく行わないといけないですね。

と、毎年言っています。

来年こそは、

1.まずはマイナスをプラスに

2.保有株の損失額を現在の半分にする

ことを目標とします。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

配当金まとめて

こまごまと配当気の通知がきました。

NOK 2,500円(100株分)

みずほ 1,500円(400株分)

オリックス 3,500円(100株分)

 

みずほは先日全部損切りしましたね。

最後の配当金ですか。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村