技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

8月映画鑑賞レビュー ③

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ★★★

 世代的にはブラピとディカプリオの共演が見られたでけでも満足。

今ハリウッドの第一線で活躍している当に油の乗った40代、50代くらいの俳優達の中では明らかに若い頃からスーパースターだった二人。

そして二枚目路線だった二人。

どちらも、そこからひと皮剥けて生き残ってくれたから実現した競演ですな。

 

映画の内容は、まぁタランティーノ映画だよなって言えばそれまでです。

実際の事件をからめているらしく、

舞台もハリウッドなので他の映画よりも現実的な分、

他の映画よりも強烈じゃないので若干不完全燃焼感は否めない。

 

終盤はラストの事件に向けて時刻をカウントダウンしていくのだけど、

その「絶対何かくる」って演出はよかった。
そして、ちゃんときてくれるところはさすが。

あそこは盛り上がりました。

もっとやってほしかったけど。

 

ミスター・ガラス ★★★

 アンブレイカブルの内容忘れた…。

とはいえ、結構面白かったですね。

変な暗い雰囲気は、ちょっとだけだけどシックスセンスのよう(ブルースウィリスだしね)。

3人の関係はとって付けたようなものでもあるけど…

スプリット作った時に考えたのかな…

19年も前のアンブレイカブルを使って3部作として

ブルースウィリスに息子君にサミュエルに、みんな出てくれて嬉しい。

 

どんな形であれ、ヒーローはいてもいいんだよ。と。

そんな中、ミスターガラスは凄く弱い、

肉体的には所謂ヒーロー像ではないんだけど、

どんな形であれ、どんな人であれ、存在してていいんだよって言ってる。

 

穿った形で見れば、今の世界中の風潮を批判してるようにも見える。

あのヒーロー潰しの集団は某大国とそれにスネオな国々か。

だから今作ったのかな。

だとしたら素敵。

 

サード・パーソン ★★★

サード・パーソン(字幕版)

サード・パーソン(字幕版)

 

3組のカップルの物語が交差していく感じのお話。

登場人物達の関係は…

何を考えているのか、どんな気持ちなのか…ってのがミソ。

以下、若干ネタバレもあるので、注意してください。

 

 

 自分も創造の話の中に登場させるという

(正確には作者とその物語の中の登場人物を、同じ俳優が演じる、といこだが)、

なかなかトリッキーな映画。

映画が終盤になるに連れて、各々の背景がリンクしてくるのだけど、

創造だというトリックに気づく気づかないを楽しむというよりは、

同じ様な経験、苦しみを、

背景の違う色んな人が感じてるのかな…

と言う風に我ながら素直に見てしまった。

 

ところどころ変な、繋がらないシーンも敢えてあるので、

何かしらのトリックがあることは予想がつくのだけど、普通に見ても面白い。

それぞれの人の話をもっと深く見てみたいな、とも思った。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

8月映画鑑賞レビュー ②

ガンジスに還る ★★★

ガンジスに還る(字幕版)

ガンジスに還る(字幕版)

 

バラナシへ行ったことがある身としては何とも言いがたい感慨。

あの場所の独特な雰囲気は映像では伝わらないのだけど、

それほどヒンズー教の信仰に厚くない息子が

次第にガンジス川に何かを感じ始めたように

見てる側もじわじわくるものがある。

ガンジス川での祈祷のシーンとか、

ガンジス川のシーンは何故か泣きそうになってしまった。

息子のように、今のインドの人もそこまで聖なるガンガーを信仰対象としてみてないのかもしれない、

けど、やっぱあそこには何かあるんだろーな、と。

それも次第に変わっていくのか、変わらないのか…。

だけど誰も心の拠り所にするものは必要なんだろな、と。

父と息子のよいお話でした。

割と普通のストーリーではあるけど、

舞台がバラナシってだけで絵になるし力が違う。

それがインドパワー。

生まれ変わったら、「人間じゃないとだめか?」

ってのが何か素敵だと思った。

 

アンダー・ザ・シルバーレイク ★★★

なんのこっちゃ。

こういうの嫌いではないけど

ガーン!と衝撃を得るにはもうひとつ足りない感じだろうか。

陰謀論?都市伝説?を主人公と一緒に追いかけるのは楽しかったけど

たどり着いたオチ?が何ともいまいち。

そこもうちょっと何とかしてほしかったな。

割といい部屋に住んでるし

いい車乗ってるし、

いきなりコスプレ彼女とセックスしてるし

何やってんだろーね主人公。

作曲家の下りで、作曲家が次々とピアノ弾いてるのが良かった。

きっと色んな曲弾いてたんだろうな、

もっと分かれば楽しかっただろうに。

その音楽のとこと、変な雰囲気は好きだったのでこのスコアで。

 

30年後の同窓会 ★★★

30年後の同窓会 [Blu-ray]

30年後の同窓会 [Blu-ray]

 

 シンプルなストーリーの中に意外と様々な観点を感じられる要素を含んでいて面白かった。

映画が作られたのは2017年なのだけど、映画の舞台は2003年。

要は、トランプが登場しブッシュの時代の映画を作りました、と。

テロがありアメリカでナショナリズムが高まったとき、

んでもって大量破壊兵器はありませんでした、と。

そして過激なラップをする白人ラッパー。
(このエミネムの下り面白いよね)

アメリカはちょっとおかしな方向になってんじゃないの??

って空気を退役軍人3人が表現するわけ。

それでもその息子は、軍人であることを誇りに思い、

母の隣に軍服で埋葬ってのは、

個人と国との中庸を取ったようで、

意味があるか分からないけど星条旗をどこかに取っておけってのもそう。

たくさんの疑問はあるけど、アメリカ人だしって。

映画はなんとなくそんな風に気持ちが落ち着いた感じで終わる、

時代はそのあとオバマ大統領の時代へ。

ここにリンクしてると思う。

そして今、トランプの時代。

映画の中でフセインやブッシュの映像を出しているところからすると、

ここを意識していることは間違いない。

そして邦題は呑気なものになっちゃってるけど、

原題を考えればいろいろ込められてると見るのが妥当かなぁー。

 

アンクル・ドリュー ★★★

まぁそのまんま。

自分が中高生の時の正にNBAスター、

シャックにレジミラーなんて!

その世代のNBAファンは見てもいいんじゃないでしょうか。

ジーミラーとか見た目怖そうなのに実はお茶目なのかしら。

シュートフォーム変わってないのが素敵!

みんなのダンスバトル面白い。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

8月映画鑑賞レビュー ①

バッド・ジーニアス ★★★

シンプルで分かりやすい。

130分間飽きないで観られるし、

もはやタイは途上国ではないんだけど、

映画も邦画を越えてくるレベルになったのですね。と。

 

とにかく分かりやすくてよい。

終盤の、友人達との立場の違いが現れてくるあたりの

若干の社会性も押し付けがましくなくてよかった。

ただ、バッド・ジーニアスてのは英題だと思うんだけど、

これがいけてない…。浅すぎない??

タイ語の原題は、よく分かりませんが…

単語直訳では「いかさま頭脳ゲーム」みたいな感じのようです。

 

メランコリア ★★

メランコリア [Blu-ray]

メランコリア [Blu-ray]

 

鬱映画。

落ち込んでる時の夜中に見たら死にたくなるかも。
ダンサーインザダークの監督らしく、

この監督の鬱3部作だとか…何ちゅう3部作だよ…

オープニングで悪夢に出てくるような描写がきれいな映像で映されて、音楽と相まって

すでにメランコリックな気持ちに(笑)

そこから、披露宴に向かう新郎新婦の道中トラブルみたいなポップな流れ、

の訳なく…。

映画耐性の無い方にはオススメできん。

知らなくてもパニック、

知ってもパニック、

全てを受け入れるしかない…そんな絶望。

静と動みたいに姉と妹が対比されて

どっちがどうという訳ではなく、

一人の人間の中にも同じように二面性というか、

いろんな側面があるよねって。

そう、地球は邪悪だよね。って。

 

レクイエム・フォー・ドリーム ★★★

レクイエム・フォー・ドリーム
 

ドラッグダメ絶対、映画。

この目のパッケージ怖い…。

序盤の一瞬のポップさがどんどん重く苦しくなる怖いやつ。

精神的に。

ドラッグ依存もその通りなのだろーか、

と感じる映画に仕上がっております。

ほんと、あれ、いつの間に、

平気な感じだったのに…って感じ。

特に彼女ね、ジェニファーコネリーね、

彼女めちゃかわいいのに…

容姿は関係ないけど…堕ちてしまって…

それでも最後はドラッグ抱きしめ笑顔なんだから救われない…。

そして母親は悲惨過ぎるよ…自覚無しなんだから…。

病院の描写は酷すぎるにしても、最後が悲惨すぎる。

全くポップでなく、ドラッグ依存のいろんな行く末を垣間見させて頂きました。

テレビ番組の掛け声?が頭に残っております…。

最初の方の、ハイになった時の友達のクネクネダンスがツボです。

ジャレッドレト、凄い若そうだけどこの時既に30前なのね(笑)

 

 

レボリューショナリー・ロード ★★★

夫婦崩壊系映画。

あまりお互いの気持ちがすっと入ってこなかったのだけど、

最後に精神疾患の彼を通じて全てぶちまけた感がありますな。

あの朝彼女はどういう考えだったのだろーか。

そこんとこがちょっと分からないけど、

全て覚悟で終わらせようとしたのだろーか…。

子どもいるのだけど、

あまりにも、子どもの描写が無さすぎで、

子どもなんて望んでいないかのようにも見えてしまう。

夫婦崩壊系としてはブルーバレンタインには勝てません。

ディカプリオとケイトウィンスレット主演でやらせるあたりがどSです。 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

ラオス一人旅旅行記 ⑤犬に優しく

ラオスに一体なにがあるというのですか?」

escape-ratrace.hatenadiary.jp

 

 

「なにが?」

その定義によって答えは変わります。

アンコールワットのような寺院、バガンのような遺跡郡、

バラナシのガンジス川ガートのようなカオス、

バンコクハノイのような発展したアジアの姿、

それらと比較すれば、ラオスには秀でたものは確かに無いかもしれません。

 

その中で、私が一番感じたのは、「雰囲気」です。

日本国内でもそうですが、その街に足を踏み入れたときに感じる雰囲気ってあります。

「あ、ちょっとやばいな…」みたいな、

建物、人間が合わせて作り出す空気です。

これまでの私旅では、ベトナムミャンマーなどは街に「危ない…」といった空気を感じませんでした。

一方、もう15年も前ではありますが(スマホもない時!)、

インドなんかはやはりちょっと怖いのですよね、空気が違う。

それらと比較すると、ラオス、正確には私の行ったルアンパバーンは、

最高に安心感がありました。

非常に規模の小さい街だからというのもあります。

でもそこには、お坊さんの托鉢が根付いているような、

しっかりとした仏教を背景にもった人々のメンタルが反映されてるように思います。

人は最高によかったと思います。

 

そして、犬。

f:id:may_29:20190831162413j:plain

はっ?って思うかもしれませんが、犬が可愛いんです。

東南アジアの犬(野犬)って、怖いですよね。

痩せててたまに皮膚病みたいなのがあったり耳が欠けてたり目が血走ってたり、

とても近寄って撫でようなんて思えないですよね。

ルアンパバーンの犬は、そうではなかったのです。

野犬(半野犬)は多いです。いたるところに犬がうろうろしてます。

でもとても温和で、目も穏やか。

それはきっと、人々が犬に優しくしているからだと思うんです。

他の東南アジアの場合、野犬を結構乱暴に追い払ったりしてますよね、

昔は日本もそうでした。そりゃ犬も目血走りますよ。

でもラオスの人は犬大好き。

だから犬も人が好き。

そんな街でした。

f:id:may_29:20190831162636j:plain

博物館の門の中にいる犬。

まだ開館前なのに中にいるってことは、博物館で飼われているか、

犬がいても全く問題ないよ。ってことですよね。

f:id:may_29:20190831162655j:plain


今回はルアンパバーンにのみ滞在でした。

首都ビエンチャンはもっと大きな街でしょうから、

もう少し他の国々に近づくかもしれません。

ラオスという国がもっと大きくなっていけば、

ルアンパバーンのような雰囲気も変わっていくかもしれません。

旅行者としては、それはなんだか寂しい気もしますが、

ラオスの人々からしたら、発展していくことは望ましいことですから…

旅行者の勝手な期待を背負わせるのは良くないことでもあります。

 

ということで、今回のラオスルアンパバーンへの旅は、

かなりののんびりまったり旅でありましたが、

ルアンパバーンはそんな旅にはぴったりの街でした。

また行ってもいいと思います。

 

 

 

15年前、インドへ行った時、

このインドの空気は変わるのだろうか、

バラナシの空気は変わらなそうだな…なんて思った記憶があります。

それから15年、インドは当に経済発展をしております。

さてバラナシは今どんな感じなんだろうか…

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

ラオス一人旅旅行記 ④ルアンパバーン市内 夜市と朝市

さて、ルアンパバーンは小さい街なので、することがあまりありません。

昼は郊外へ観光するか、カフェでまったりするか。

夜はレストランでまったりするか…夜市。です。

というかレストランでまったりしても、夜市です。

レストランやカフェの集まるメインの通りであるシーサワンウォン通りに、

夕方4時くらいからお店の準備が始められます。

通り両サイドにぎっしりとお店が並びます。

f:id:may_29:20190812211044j:plain f:id:may_29:20190812211026j:plain

雑貨、食品(お茶とかコーヒーとか)、衣類などなど、

おみやげ物はこの夜市で揃います。

同じ商品を売っている店も何店かありますね、仕入れ元が一緒なんですかね。

夜にご飯を食べに出ると必ずこの通りを通るので、

毎日この夜市を何往復かすることになります。

何か買ったお店の人には顔を覚えられますね(笑)

だいたい、一割くらいは値引きしてくれる感じです。

お店の人はこちらがちょっと見ていると

「サバイディー」と声をかけてくれます。同じように挨拶しましょう。

他のアジアの国みたいに強引ではないです。

全く強引ではないです。

 

食べ物の屋台もあります。

ココナッツのワッフルとパンケーキ屋さん。

f:id:may_29:20190812211052j:plain

麺屋さん。坦々麺のフォーバージョンみたいなのとかありました。

15,000~20,000kipくらいなので、レストランで食べるよりずっと安いです。

f:id:may_29:20190812211143j:plain

メインストリートから横に入る道路は熱気ムンムンです。

もっと庶民的な屋台が並びます。

食料品なんかもこの道のお店のほうが安い!

f:id:may_29:20190812211036j:plain

f:id:may_29:20190812210903j:plainf:id:may_29:20190812210853j:plain

上の写真は、プレート一杯15,000kipで並んでるおかず乗せ放題、みたいなお店です。

結構美味しかったですよ。

日本円にすると200円以下です。

並んでソーセージとか肉の串焼き、メコン川で獲れた焼き魚などいろいろ売ってます、

一緒に食べてもずっと安くすみます。

犬もいます。が、全然怖くないので大丈夫です!

屋台でご飯食べて、夜市見て回って、カフェでゆっくりなんてのが、

ルアンパバーンの夜です。

 

で、朝!

早起きして托鉢を見たら、朝市へ。

そんなに規模は大きくはないですが、

シーサワンウォン通りから横に入った道路で開催されていました。

夜市の時は真っ暗で何も無かった通りが朝は朝市やってるんですねー。

f:id:may_29:20190812212338j:plainf:id:may_29:20190812212442j:plainf:id:may_29:20190812212401j:plain

食料品が主です。

野菜、生きた鶏、鶏肉…、カエル、カタツムリ、蜂の巣…などなど。

生活の匂いがぷんぷんします。

ルアンパバーンで、地元の生活が垣間見れるところでもありますね。

f:id:may_29:20190812212331j:plain

そしてこれが、朝の時間だけやってる屋台のおかゆ屋さん。

これ美味しかったですねー。鶏がらで。朝市で買った鶏ですかねー(笑)。

バケツと寸銅でドジャーって感じで作ってましたけど…美味しかったです。

お値段たったの7,000kip、100円以下です。

 

このおかゆ食べて、ふらふらホテルに帰ってもう一回一眠り、

なんて最高な一日の始まりとなります。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

ラオス一人旅旅行記 ③ルアンパバーン市内 托鉢と寺院と街並み

ルアンパバーンは仏教都市です。

他の東南アジアの仏教国と同様に寺院がたくさんあります。

しかしルアンパバーンで特筆できるのは、僧による托鉢でしょう。

この托鉢を通し、ルアンパバーンでの宗教心、

正しい本来の仏教の姿というものが分かったような気がします。

 

托鉢

朝5時半頃、街の人がわらわら道路に出来てきます。

早起きした観光客も。

道に座り、喜捨のための食べ物を準備します。

ガイドブックなどには正座していると書いてあったりもしますが、

私が見たところでは、東南アジアで人気?の所謂風呂イスに座ってましたね。

f:id:may_29:20190810215516j:plain

道では、観光客向けに喜捨用の食べ物セットを売っている人もいますので、

それを買って観光客も喜捨をすることができます。

ただ、寺院を巡った際に、

「道で売っている喜捨用の食べ物を買わないでください」

という注意書きがありました。

仏教の精神に反するということでしょうか。

ちなみに、僧はこの喜捨により得た食べ物で一日を過ごすらしいですが、

余った食べ物(貰いすぎたもの)は地元の貧しい家に分け与えるそうです。

うん、本来の宗教であると感じますね。

日本の殆どのお寺とは遠く異なります。

 

そんなこんなしてるうちに、オレンジの衣をまとった僧達が列をなして歩いてきます。

なかなか他では見られない光景ですよね。

このオレンジの衣も、自然の物で染めたものしか着用しないそうです。

そういえば道端で鮮やかなオレンジ色の花を売ってました、

多分あれで染めてるんですね。

そういったことをしっかりと守っている、素晴らしいところです。

f:id:may_29:20190810215535j:plainf:id:may_29:20190810215533j:plain

犬が先導していたりします。かわいい。

この托鉢、一部観光化している感もあります。

特に大通りは観光客でいっぱいなので。

ですが、僧達は観光客がいようがいまいが托鉢は行います。

観光客に対して気を使うこともありません。

お寺やホテルには、観光客に対して托鉢見学に関するマナーの注意書きもあります。

 

大きな通りから一本入った道なんかで見ていると、誰もいなくて静かで素敵ですよ。

f:id:may_29:20190810220714j:plain

早起きはちょっと大変ですが、ルアンパバーンを訪れたら見るべきですね。

 

寺院

じつにたくさんの寺院があります。

托鉢する僧が普段居住しているお寺です。

結婚の写真を撮っていたり、

f:id:may_29:20190810221725j:plainf:id:may_29:20190810222002j:plain

お釈迦様のお話の絵が壁一面に描かれていたり、

f:id:may_29:20190810221933j:plainf:id:may_29:20190810221809j:plain

子どもの僧が遊んでいたり。
f:id:may_29:20190810221836j:plain

しっかりとお経の練習をしていたりとか、いろんな光景を見られます。

お寺巡りもよいかもしれませんね。

 

街並み

ルアンパバーンで栄えているのは、

メコン川に沿った半島のような部分のほんのちょっとです。

とても小さな街で、その中心部を歩くだけなら半日で十分くらいの規模。

これはプーシーの丘から見た街とメコン川です。

f:id:may_29:20190810223205j:plain

この半島の中心部のメインストリートである

シーサワンウォン通り、サッカリン通りはとてもきれいです。

観光客向けの西洋的なカフェや雑貨屋、旅行会社が並んでいます。

その中にもちょっとオリエンタルな雰囲気もあります。

f:id:may_29:20190810223917j:plain

f:id:may_29:20190810224105j:plainf:id:may_29:20190810224114j:plain

とにかく晴れれば昼間はすごく暑いので、

カフェでのんびり読書なんてもの良いですね。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

ラオス一人旅旅行記 ②パークウー洞窟とタート・クワーンシーの滝

地球の歩き方ルアンパバーン郊外の見所で最初に載っている二箇所。

あまり行くところが無い中、ここは行くべきかな、と。

 

パークウー洞窟はメコン川を舟で登ることになるのでボート手配が必要です。

タート・クワーンシーの滝は市内から約30kmということなので、

頑張れば自分でバイクを借りて行くこともできます。

実際に、バイクで行っている旅行者も結構いました。

私は両方を回る1日ツアーを手配することに。

ルアンパバーンの街にはツアー手配のお店がたくさんありますので、

どこかに飛び込みで手配しても大丈夫だと思います。

私は、めんどくさかったのでホテル経由で。

(最初はHISのデスクへ行こうと思ってたのですが、お休みだったので)

ホテルでいろいろ相談した結果、All Lao travelという会社を手配したようです。

(trip advisorで評価良くないですね(笑))

最初、日本語ガイド付きを提案され、200ドル近くしたのでやめて、

英語ガイドはどうだったか覚えてないのですが…100ドルはしたかな…

HISの1日ツアーでも118ドルと書いてあったんで、高いですね。

ということで、ガイド無しでボートとミニバスのみの手配に。

35ドル。安い。

結果、ガイド要らないです。

メコン川とか地形とか洞窟とか、いろいろ聞けるのかもしれませんが、

のんびりメコン川を登ることを楽しむならガイドいらないです。

 

パークウー洞窟

ルアンパバーンのボート乗り場から乗船。

f:id:may_29:20190810185948j:plain

f:id:may_29:20190810185219j:plainf:id:may_29:20190810185552j:plain

私の乗ったボートは左のようなものです、あまりいいボートではないですね(笑)。

一つのボートに10人くらい乗船しました。

右はちょっと良さげなボート。2人しか乗ってないのでプライベートツアーですかね。

f:id:may_29:20190810185939j:plain

f:id:may_29:20190810185602j:plain

メコン川を登っていきます。

ずっと緑と山の風景です。

涼しくはないですが…舟は気持ちがいいですね。

ボート用の給油所もあります。

ちょっと給油量が分からなかったのですが、200,000kipでした。

 

下の写真、多分エレファントライドですね。

ルアンパバーンではエレファントライドのツアーも主力の商品です。

象に乗れたり、象使いの体験ができたりというのもあります。

でもなんだか、動物愛護の精神からはどうなのかな…象は知能高いし…

という気持ちが私にはあり、エレファントライドは体験しませんでした。

f:id:may_29:20190810185338j:plain

小一時間くらいですかね、洞窟に着きます。

こんな階段を上っていくと、

f:id:may_29:20190810190945j:plain

岩肌をくりぬいたような洞窟の入り口があります。

中は真っ暗ですが、たくさんの仏像が並んでいます。

正直、かなり小規模です…。
奥行きもそんなに無いですし…圧巻、という訳では…。

f:id:may_29:20190810185622j:plainf:id:may_29:20190810190928j:plain

実はここにもう一箇所仏像が並んでいる場所があったようです。

そっちが「圧巻」って書いてあったんですが、行かなかった…

このツアーだと、滞在時間は1時間でした。十分です。

地元の子どもたちと談笑。

f:id:may_29:20190818140412j:plain

そんなこんなでまたボートに乗ってルアンパバーンへ帰ります。

タート・クワーンシーの滝

ルアンパバーンの街から車で小一時間。

タート・クワーンシーの滝です。

滝です。

良く分かりませんが地質成分による青い水と棚田のように段々になっている地形が特徴です。

泳ぐこともできます。

めっちゃ暑かったので泳ごうかとも思いましたが、やめました。

ちなみに月の輪グマの保護センターでもあります。

f:id:may_29:20190810185413j:plain

f:id:may_29:20190810191945j:plain

f:id:may_29:20190810185420j:plain

 

ちなみに、パークウー洞窟、クワーンシーの滝両方とも

入場料に20,000kipまの必要です。

ということで今回ガイドは必要ありませんでした。

特に滝のほうはいらないですね。

もちろん、ガイドにちゃんといろんな背景とか詳しく説明してもらえば

理解は深まります、特にお寺や博物館なんかはそうですね。

 

この2つの観光スポットですが、

期待を大きく超えるような印象は得られませんが、

メコン川クルーズと思って行けばいいと思います。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村