技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

4月度映画鑑賞レビュー

4月は3本しか見なかったですが、

アカデミー賞絡みの良い映画を観れました。

 

ビール・ストリートの恋人たち ★★★★

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

オリジナル・サウンドトラック『ビール・ストリートの恋人たち』

  • アーティスト: ニコラス・ブリテル,Nicholas Britell
  • 出版社/メーカー: ランブリング・レコーズ
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

ラブストーリーとしての美しさと

黒人差別に対する痛みとが

絶妙なバランスで流れるように描かれた映画。

この監督の映画は綺麗だ。

 

興味深かったことのひとつのはティッシュの家族が義理の息子、

になる予定のファニーに対して見せる愛情と行動。

僕は何度か西洋人は義理の息子や娘はあくまで他人であって、

何かあれば完全に無視できるという考え方があるのだ、

と映画を見て思っていたのだけど、この家族はそうではなかった点。

この点と白人アメリカ人以外が二人を守る描写と、

(アメリカ白人でない人が何人か出てくるのだけど、

アメリカでマイノリティとして生きてるんだな、と。特にユダヤの彼は素敵過ぎる。)

結局ハッピーエンドではないのだけど、

ラストのシーンは愛に包まれていたところが救われた。

 

if bealestreet could talk

という原題、最後に出てくるんだけど、その出し方、すごく上手いね。

いろんなことを語れるのだからね。

 

ムーンライトのような胸を締め付けるような痛みはないけど

グリーンブックでもブラッククランズマンでもなく

今年度のアカデミー賞の論争の答えはこの映画ではないかとも思った。

この映画の原作者の小説は、なかなか映画化することが難しい、

原作者の権利者(親族でしょうかね?)がかなり大きなハードルとなっているらしいが、

この監督には許可が下りたと、それも納得できるかな。

ビール・ストリートの恋人たち

ビール・ストリートの恋人たち

 

 

ROMA ★★★

ROMA

ROMA

 

エンタメ性は無いですが、

割りと長い映画で、そんなに凄い展開というわけでもなく

どちらかと言えば淡々と…白黒だし…流れていくんだけど、

意外と長いとは感じなかったかな。

 

時代錯誤かもしれないけど、女は強し、男は勝手だなぁ、と。

最後の海のシーンは怖かったな、

そんで彼女がぽろっと本音を出してしまうところ、泣きそうになった。

途中、彼女の行動で気になってた事があったんだけど

そうだったからなのね…と。

 

間というのか、オープニングからして時間をたっぷり使ってる感じ。

ひとつひとつのシーンが丁寧でなんとなく入り込んでる感じがした。

どことなく昔の日本映画の様な雰囲気もあり。

大人の映画。こういう映画もたまにはいいのではないかな。

 

バイス ★★★

第4の壁越えまくり、

あんな序盤にエンドロール!を差し込むというかなりポップな作り。

テンポ良く非常に面白かった。

そんなポップな作りとは反して内容はダーク過ぎる。

自分達の権力をどう使うか、どういう人間を配置すれば(倫理に反していても)

物事を上手く進められるかというゲームのような政治。

(本当はどう思ってるか知らないけど)

それが正義であり世界一強大な国と信じて奢ってるのが痛々しいよ。

やはり組織の鍵は副将で決まる、というのは事実か。

 

既に事の顛末は世界中の人が知ってることなので、

ごちゃごちゃしてるけど展開は分かるので、

それに突き進む様子が滑稽で、でも力を持ってるだけに恐ろしい。

途中で挟まれたばか笑いのシーンは多分それを笑ってるんだけど、

結果は笑い事じゃないよね。

 

究極に当時の大統領、政権をこき下ろしているんだけど(しかもまだ生きてる)、

こんな映画を作れるなんてアメリカはやはり凄い。

そこんところは意識が高いことが分かるね。

ハリウッドではこういう映画よくあるけど、

日本にこういうのあったっけ?って。

忖度して作らない作れない作らせない、でしょ。

映画とかメディアの意義って、

エンタメだけでなく、こういうとこにもあると思うんだよね。

 

しかし、若い頃はともかく、クリスチャンベイルの面影なし。

ここまでいくと、もう俳優じゃなくていいんじゃないのって思っちゃうよね、

CGかAIのロボットでいいんじゃないの?って。

似せるのもいいけど、俳優の顔で演じるのもいいと思うよ。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

平成終わりの投資達観

平成も終わります。

平成生まれというのが、平成を象徴しているような見方もありますが、

平成元年に小学校に入学し中高、大学生、社会人と生きてきた私、

現在の30代はまさに平成で成長してきた世代だと思っています。

いろんな大事件、ものすごい技術の進化を物心ついた頃から経験してきました。

数々の注目を浴びた少年犯罪の犯人と同世代という無意識のレッテルもあったりなかったり。

 

さて、平成って、なんかバブリーなイメージですよね、

令和がなんかクールなのでよけいに派手に感じます。

平成最後の10年間、私は投資を始めた10年でした。

投資信託株式投資による資産は1000万円を超えました。

始めから記録してないので不明確ですが、

利益も数百万円でています。

株式投資はやはりなかなか上手くいかず、当初の目標には全然到達していませんが

スタンスとしては、株式投資は余剰資金で行なっていますので、

最悪紙切れになっても(今は株券ありませんが…)よし、

投資信託で長期でコツコツと増やしていくつもりです。

 

令和の日本は未知の領域へ突入すると思います。

極度の高齢化、昭和で大きくなった大企業の行く先、

世界的に見るとなんとも幼稚なメディア文化、

世界的に見ても幼稚な政治家、

どうなるのか分かりませんが、あまり良いイメージを想像できません。

私は将来的には海外へ出て行きたいと思っています。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

イオンから株主優待

イオンから株主優待

オーナーズカードが届きました。

久々に手にしましたが、

この株主優待はかなり日々の生活に密着型なので

持っていて損はないですね。

イオンシネマでドリンクorポップコーンが無料になるのも魅力です。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

3月度映画鑑賞レビュー その2

ブラック・クランズマン ★★★

アカデミー賞で何やかんや言ったスパイク・リー監督の映画。

まあおもしろかったですが、これも作品賞レベルではないですが、

グリーンブックよりはいいかな。

現代に生きる私たちから見れば、KKKなんて気持ち悪い集団、

でも当時はそれがまかり通る(とおってないけど)世界だったわけで。

映画に出てくる政治家も実在しているわけで、

いろんな主義主張をできるのはアメリカのいいところではあるけど、

それが絶対的に間違っていても大きな勢力を作れてしまう、

そして権力を持ってしまうのが悪いところ。

時代とともに変わってくるけど、主張には絶対的に間違っていることと

そうではないことがある。と最近思う。

日本は主張できない国なので、平均点、低め安定の世界。

過激な主張はマイノリティとして撃たれるため極端に振れはしないけど、

それについて議論せずに蓋するので良くもならない国。

 

最初の黒人運動家の演説はパワーがありましたね。

すごく面白くなるかなってちょっと期待しましたが、

あとはまあ、普通でした。

他にも実際の演説や事件の映像も挿し込まれてましたが、

トランプの演説が一番チープでしたね。

言葉がね、語彙が無いんだろうね、と。

 

女は二度決断する ★★★★

女は二度決断する(字幕版)
 

 若干ネタバレします。

 

「無実ではないが無罪」、これなかなか受け入れ難い。

「疑わしきは罰せず」の原則というのは分かるけど、

被害者側からしたらどうしたらいいのか。

彼女の揺れ動く心情がストレートに伝わってきて

なかなか辛く面白い映画だった。

彼女の心情や行動は分かる気がするんです、

自分もそういう性格の人間なんだろうな、って思うわけで。

一度爆弾を仕掛けることを止めるとこなんか…。

理性、というか、善悪と、怒りとを、

そのまま飲み込んで一生生きていくのか…

それを考えてしますのですね。

 

別の視点では、日本とは違う感覚を垣間見れて面白かった。

日本人なら被疑者の親は多分謝罪するところ、

罪を犯したのはあくまで別人、

息子であれ別人な訳で、自分には責任が無いから謝罪ではない。

娘の夫でも他人、息子の妻でも他人であり、

そこに義理の娘、息子としての思いはない、

平気で悪く言える、これは海外の映画ではよくある光景。

面白いなぁ、と思った。

 

モリーズ・ゲーム ★★★

モリーズ・ゲーム(字幕版)

モリーズ・ゲーム(字幕版)

 

 本人の語りがメインで進んでいって、特に冒頭の語りはテンポよく、

引き付けられる感じで面白かった。

早口で次々としゃべる感じが彼女を表現しててよかった。

斜面の角度とか図示されるのも面白い。

若干第四の壁を越えているw

そのテンポのまま、あれよあれよという間の怒濤の展開。

脚本が良いと思う。

 

正に強い女な印象。

強い男達を支配したかったということだけど

最後の父親の3分カウンセリングに落ちるわけね、彼女を突き動かしたものは。

彼女が弁護士の部屋で法律書を触った瞬間、

ああ、ロースクールに行く予定だったよね…

と一瞬立ち止まるも、すぐにリスタートする可憐な展開、強さを感じました。

彼女の人生そのものだったのだろうか。

 

同じ冬のスポーツ、強い女がらみてとこで

「アイ、トーニャ」があるけど(DVDの予告に入ってた)、

裕福かつ学歴がある場合とそうでない場合、そんな感じの対比を勝手に感じた。

 

サスペリア ★★

サスペリア

150分もあるホラー映画。

深い眠りに落ちたような…でも何故か見終わった後のスッキリ感。

いや、全然スッキリしないんだけど…

魔女のお話です。西洋の魔女といのは、なかなか闇が深い。

魔女狩りやらなんやら近代の闇、

魔女、アーミッシュアーリア人、ドイツ、ポーランドなど、

そこんとこの知識がもっとあれば…と思いました。

 

なんとも、なんと形容していいのかという映画。

エンタメ的な面白さは……だけど

どこか後を引く感じ、そりゃ引きますよ。

トラウマになりそうになる気持ち悪い形態、さくっと出てくる血や内臓。

警官をもてあそぶ寮母達がほんと怖いです、魔女なのだけど。

結局何なのか良く分からんのだけど、

ラストのスージー無双っぷりは凄し。

ここが見所ですね。

そして翌日ちゃんとお掃除してる寮母達(笑)

え、マダムブラン…生きてるの??そこんとこ分からない。

オリジナルは3部作らしいけど、続編あるのかしら…。

暗くモノクロっぽく抑えた感じから

ラストの赤の点滅、脳ミソがバチバチして刺激的でした。

 

ファントム・スレッド ★★

ファントム・スレッド (字幕版)
 

個人的にはあまり感じませんでした。

なんかよく分からんかった。

狂気的なものは感じて、

同じポール・トーマス・アンダーソン監督の映画、 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドが動的な狂気だとしたら

こちらは静的な狂気といったところか…。

なんだかあんまり惹かれるものはなかったなぁ。

美を極めたおじさんの歪んだ性癖と

シンデレラストーリーを得た若い女の歪んだ性癖が妙にマッチしてしまったのか…。

とは言っても性的なことは描かれないんだけど、

そこはチープにならなくて良いとこである。

ドS極まりドMみたいな…。

このレビューを見ると、完全に変態映画のように読めますねw

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 

3月度映画鑑賞レビュー その1

 3月はアカデミー賞関連の映画の公開ラッシュでした。

かなり楽しみな映画がたくさんでした。

 

グリーンブック ★★★

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

 

2019年アカデミー賞作品賞受賞作品。

Oscor goes to・・・Green book!!

 

いい映画で面白かったですよ。

非常に上品で優等生的な映画かと。

すこぶるよくあるストーリーにもかかわらず、

ふと話に入り込んでしまうところは、

マハーシャラアリが良かったのでしょう。

時に見せるあの笑顔は素敵。

有名人だとしても、そこを離れればあくまで黒人、白人と同じ対応をされない、

今の私たちの感性、知識では何ともお粗末な思想だけど、

この映画に出てくる白人達は何の悪びれもない、

そう、「悪い」という概念のない時代や土地だったというのが恐ろしいことだ。

今現在の我々にも何か気づいてもいない事があるのではないだろうか、と。

 

よい映画ではあるが、作品賞を獲るレベルの映画かな?とは思った。

(必要かは分からないが)毒が全くない。

「それでも夜はあける」、「ムーンライト」のような

心をえぐられるような何かは無かったかな。

そして、これは俗に言う、「良い白人」映画。

イタリア系ということで、アメリカでは差別される人間、ということらしいが、

イタリア人のそれと黒人のそれを比較してはいけない。

ドクター(主人公の黒人ピアニスト)が差別されるシーンも

それ程嫌な感じを映像には表現せず、つまりこれは白人にとって見易い、

あまり罪悪感を得なくて済む映画と見ることもできるな。

確かにこの内容で作品賞を獲れば、

スパイクリーに批判されても仕方ないと思う。

 

ウィンストン・チャーチル

ヒトラーから世界を救った男 ★★★

これは2018年のアカデミー賞関連ですね。

歴史にifはないのだけど、

彼のこの決断はどうだったのだろうか。

結局後5年間、世界を消耗させたわけだし。

ただこれが無ければヨーロッパはナチスのはナチス支配下に堕ちていた可能性もあるし、難しいとこだ。

ただ、感情に任せた政治家であったことには間違いはないようだ。

論理的に考え、論理的に正しいと思うなら国民の感情は無視する必要があるときもあると思うしなぁ。

 

映画としては、

この内容がどこまで本当のことを描いてるのかってのが気になるとこではあるけど、

上記のことを知れて良かったよ、と。

イギリスっぽく?暗い画面でよく見えん(笑)。

国王がどことなく顔似てたり(笑)、さすがメイクアップ賞。

本来はラストの演説は感動するべきシーンなんだろうけど、

あんまり盛り上がらなかったなぁ。

やっぱ自分の思想にも依るのだろうなぁ。

 

her/世界でひとつの彼女 ★★★

 これは2014年の映画のなのでまだ今ほどAIが現実味を帯びてはいなかったかもしれないけど、今ならこんな事も容易に想像できちゃいます。

2次元を通り越して無限次元への恋。

OSの彼女の心って何なんだろう…と気になってしかたない。

人間の思考も突き詰めれば細胞同士の電子伝達なので

OSのそれも一緒なのかもしれません。

思考は比べられない程で圧倒的スピードで進化する彼女についていけなかった、

人間同士の恋も同じ様なことあります。

相手はOSだったけど、この恋の成り行きは人間のそれと同じだ。

どちらかの考え方が変わっていけばこうなっちゃう。

結局は他人の思考にはついていけないのです。

特に女の子が何かに目覚めた時、

どんどん先へいっちゃうスピードは男よりも圧倒的に早い(笑)

 

OSの声が良かったです。

日本で作ったらもっと若い可愛い女の子の声になるんだろうけど、

落ち着いた大人の女の声で良かったです。
(そりゃスカーレットヨハンソンですから)

 

ターザン REBORN ★★

ターザン:REBORN(字幕版)

ターザン:REBORN(字幕版)

 

ターザンというファンタジーなんだけど、

実はあのお話(ベルギーとコンゴの話)は史実であり、

サミュエルLジャクソン演じるジョージ・ワシントン・ウィリアムズ

(大統領かと思った…けど違うぞ)は実在の人物。

ターザンていうファンタジーと史実融合させているという、

割と以外なものだった。

幼い頃に野生の動物に育てられた人間は

人間の言語を覚える事が困難だったらしいので

ターザンはかなり希有な例ですな。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村