技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

ボーナスゲット

先週金曜日、ボーナスゲットしました。

 2017年12月のボーナスとほぼ変化なし。

上司との面談で、考課を上げた、と言われたのでちょっと期待してたのですが、

変わりありませんでした。

考課と支給額の仕組みよく分かってません…。

 

ネットでは平均額とか出てますが、

いろんな条件がひっくるめてあるからあまりあてにならないですよね。

国家公務員は平均65万円。

製造業は平均89万円、非製造業は平均63万円だそうです。

まあこれは上場企業と、日経が選んだ有力企業のものです。

昨年と比較できる199社の平均ということなので、

かなり超大手企業だけの平均ですね。

事業規模5人以上の民間企業の平均は37万円だそうです。

 

とにかく、前回とあんまり変わらない程度、

安定した額がもらえるだけでも幸せなのでしょうか。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

NOK購入

NOKを100株購入しました。

取得単価2083円です。

約定価格は2080円ですが手数料かかったので。

いつの間にかもうNISA枠はあと6万円ほどしか残ってなかったので。

 

NOK、FPCが気になります。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

6月映画鑑賞レビュー その2

はじまりへの旅 ★★★

 おもしろいんじゃないですか。

現代社会を受け入れず山奥で暮らしているけど教育はしっかり。

現代教育は受け入れないけど過去の教育や思想は受け入れる。

現代社会への皮肉か、

はたまたおそらく結構いるであろう、こういう生活をしている人への皮肉か。

ストーリーは至ってよくある典型的なパターン。

彼の義父を通してアメリカ人の超個人主義を見た。

娘の思想、意向は無視し、娘の夫は完全に敵。

でもそも子ども、つまり自分の孫は自分の孫。

自分が追い出しておいて、最後にちょっと心配する素振りって、

なんだよそのいい人感で終わりたい感じ…すごい嫌。

 

マッド ★★★

MUD マッド(字幕版)

MUD マッド(字幕版)

 

 マシュー・マコノヒーいけてる。

まあ子役の一人、完全にリバー・フェニックス意識させられとる。

金髪坊主頭って…ちょっと似てる感じするしね。

そのため冒頭はスタンドバイミー感がすごい。

そこからはまあ…って感じ。

最後はショーシャンク的な感じか?

 

脳男 ★

脳男 [DVD]

脳男 [DVD]

 

 普通につまらない。

普段はこんな映画観ないんだけど…

期待を裏切らずつまらなかった。

そういう人間の中身を描きたかったのか

日本舞台ではとても現実身の無いドンパチ爆発を描きたかったのか

二つが相反していて全く機能せず。

点の取れないフォワードを擁しずっと後ろでパス回してるみたいな映画。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

6月映画鑑賞レビュー その1

レディ・バード ★★★

 青春。

女の子の。

序盤の車のシーンが良かった。

そしてそこがこの映画の最高だった。

人種も性別も関係なく、中高生の考えることは同じなんだな、と。

壁の名前がむやみに増えなくて安心したよ。 

 

ゲティ家の身代金 ★★★

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

ゲティ家の身代金 (ハーパーBOOKS)

  • 作者: ジョンピアースン,鈴木美朋
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

 やばい、クレイジーな祖父だ。

お金を持つと人は変わってしまう、と良く言うけど、

確かにそれも真実ではあると思う。

けど、どちらかと言うと、クレイジーな部分が元々ある人間が

とてつもない事を成し遂げ大きなお金を手にできるのではないだろうか、と思う。

この祖父はきっと、

「孫を愛している」というのも真実なのだと思う。

ただお金と結びつけることができないのだろうなぁ。

ああ、悲しい。

お金ではない何かを元々理解できなかったのか、理解できなくなったのか。

それを最後に部下にぼろくそに言われ理解してしまったのだろうか。

死ぬほどの恐怖と後悔…最低な最後だ…

特にどうという教訓を示すような映画ではないけど、

実話に基づいているという点が恐ろしい。

孫、かっこよすぎ。

 

ナタリー ★★★

ナタリー [DVD]

ナタリー [DVD]

 

 もてない男の自信の無さが良く描かれていてよい。

フランス映画にしてはとても分かりやすくて素直な展開。

「寒さに強い堅物北欧人」

「何それ、アメリカ人みたい」

こんな表現はさすがフランス映画、

北欧人には愛があるけどアメリカには愛が無い感じが素晴らしい。

ちょっと我々現代人が勘違いしているところがあると思うんだけど、

欧州なんかでは男女が二人でディナーへ行くってのは

もうそういう仲と思われても仕方ないということなんだよね。

そういう点、昨今の日本は曖昧、多分アメリカも。

そういう文化の違い理解しないとめんどくさいことになりそう。

だからあの社長は唯一の嫌なやつ。

 

オンリー・ゴッド ★★

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

オンリー・ゴッド スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

赤を基調とした独特の映像の中で独特のストーリー。

が、どうもこうも…

B級感を最後まで拭い切れず、B級。

背中から刀出しちゃだめ。

しかもシャキーンっていう効果音と共にはもっとだめ。

戦うといって本当に戦っちゃだめ。

もっとアジア感を出せばよかったのに。

クレイジーな母親との最後のシーンのみGOOD。

決していいシーンではないし、

大して意味の深いシーンのようにも思えないけど、

多分監督はこのシーンを描きたかったのではないかな、と。

あまり他の映画では見ないのでGOODとした。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ヤフーから配当金

 ヤフーから配当金、

1,772円の通知受けとりました。

1円まできざんでるんですねー(笑)

ひとかぶあたり8円86銭のようです。

この86銭ってなんなんでしょうねー。

9円にしてくれればいいのに。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

古臭い考え方が嫌い

投資の話でも映画の話でもないですが、

先日嫌な事がありましたので、

愚痴りたいと思います。

 

僕は時代に合わない古臭い考えを未だに主張する人、

100歩譲って思想は個人の自由なので許すとしても、

その考えを場所、相手を考えず発言する人が嫌いです。

というか、意味が分かりません。

周りをどれだけ不快な気持ちにさせているのか、

さらに自分が不利な状況に陥ると分からないのか、と思います。

 

まず前者は主に精神論、根性論、ジェンダー、性、結婚、仕事等に対する

古臭い考え方。

個人の性や結婚感は自由です。

それを「絶対にそう、」と言い切れる訳がありません。

自分だけそう思ってればいいのに、なぜそれを公言する必要があるのか?

しかもその人の考えに反する人が居る目の前で。

私は結婚もしてないし子どもがいません。

今後結婚して子どもができたとしても、少なくとも私は若くない親になります。

それは事実。

「絶対親は若い方がいい。絶対。そうじゃないと子どもが可愛そう。」

「私に子どもができたら可愛そうということですか?もう子どもは作らないほうがいいということですか?」

「そんなことは言ってない」

言ってるじゃん…

これは国語力の問題ですかね。

 くそむかつく。

そういう論理的でないことに腹を立ててしまう私も大人げないので、

無視しないといけないと思います。

 

それよりもかわいそうだと思うのは、

これほど性や生き方の多様性が認められる、

少なくとも個人のそれを否定してはいけないという思想が深まった時代において

そんな固定観念を持っていることを微塵も考えられないこと。

多分いくら言っても理解しないんでしょうね。

やはり外に出ない人というのは考え方も井の中なんですね。

 

私の親世代であっても様々な人間がいると認められる人もいるのに、

もっと若い世代でも昔ながらの「意味の無い」考えに固執する人がいることが悲しいですね。

まあどおでもいいや、

そんな人は古臭い狭い世界で楽しんでくださいな。

以上、愚痴でした。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

塩野義製薬から配当金

塩野義製薬から配当金の通知を受け取りました。

100株保有で4,400円です。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村