読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術系サラリーマン投資しながら映画を観る

ラットレースからの脱却を夢見てます。投資でお金を増やしたい。たまに映画と音楽。

株に手を出して大損、転落人生

という話を、
身の回りでは実際聞いたことはないですが、
ドラマの中や、イメージ的にはあります。

そんなこと、起こるでしょうか。
起こる場合は、下記のパターンと思います。
1.全財産を株につぎ込んでいた
(生活費も株を切り崩して捻出しているレベル)
2.信用取引で自分の資産以上の取引をしていた
3.借金して投資していた

まぁ、この3つでしょう。
株投資は、株価がいくら下がっても、
投資していた会社が上場停止になっても、
価値ゼロになるだけです。
それだけで負債が発生する訳ではないです。

1の場合は生活資金がなくなります。
2の場合は借金が発生します。
3の場合は借金を返せなくなります。

もはや当然の事なのですが、
余裕資金で行うこと、借金しないこと。
最悪無くなっても良いレベルのお金で行うこと、
これに尽きると思います。
一攫千金を狙って身の丈以上のことはしないことですね。

さてさて、
今週は日銀が9月度の短観を発表するそうです。
他にも、海外の経済的な発表もあるそうです。
どんな相場になるでしょうか。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村